新感覚投資!?WealthNavi(ウェルスナビ)とは? | WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用NAVI

新感覚投資!?WealthNavi(ウェルスナビ)とは?

WealthNavi(ウェルスナビ)とは、金融アルゴリズムで自動積立投資を行える資産運用サービスのことです。
ここでは、そのウェルスナビに関する、詳しい情報を紹介していきたいと思います。
投資をある程度経験したことがある人なら分かるかと思いますが、意外と手を取られるものです。
特にデイトレードのような短期売買になると、一日相場に張り付いていないと利益を出すのが難しいのが現実でしょう。

▼ 目次

投資の初心者はどうしたらよいの?

投資を始めたばかりの初心者だと、どのような金融商品に投資して、どのように運用すればいいのかもさっぱりではないでしょうか?
そういう人向けにぴったりなのが、ウェルスナビを活用した資産運用です。
ウェルスナビでは、口座に最低10万円預けておけば、その資金を毎月分散して自動積立で投資をすることができます。
投資先はノーベル賞受賞者のロジックを利用した金融アルゴリズムが、自動でポートフォリオを組み、リスクを最小限に抑えリターンを最大化するローリスクミドルリターン投資を実現してくれます。

ウェルスナビの気になる平均的なリターンは、大体年率6%前後だといわれています。
相場の地合いによって元本割れをするリスクはありますが分散積立長期投資になりますので基本的には含み損の時はポジションを決済せずに、少しずつ増やしていく形になるかと思われます。
定期的にポートフォリオのリバランスは行われるようで、自分でポジションを見直さなくても自動的にコンピューターがやってくれるため、初心者でもプロ並みの資産運用を行うことができます。

WealthNavi(ウェルスナビ)の注意

ウェルスナビを始めるにあたって注意したいことは、どの程度のお金を口座に預けるか?ということです。
自己資金管理は自分でやらないといけない部分なので、生活に支障をきたすような損失を抱えないためにも重要なポイントになります。

例えば、貯金が1000万円ある人が、その1000万円全てをウェルスナビの口座に預けるというのはやめたほうがいいでしょう。
成績は優秀な金融アルゴリズムですが相場の地合いが悪くなった時に、100%稼げるかと言われればその確証はありません。
ですから1000万円あった場合、そのうちの100万円から200万円を投資に充てるというような考え方がいいのではないでしょうか。
もちろんもっと少なくても構わないと思います。
自分が持っているお金をすべて投入するのは、投資の世界においてかなり危険な行為なので絶対にやめておいた方がいいでしょう。

WealthNavi(ウェルスナビ)の運用方法は

ウェルスナビの場合は、資金を口座に預けた後は、すべてアルゴリズムが運用を行ってくれますので、投資家がやることは、状況を確認するだけになります。
相場の地合いが悪い時はポートフォリオがリバランスされ、最善の銘柄の組み合わせを選んでくれるようになっています。
口座開設をして入金をするだけでプロの資産運用を行なってもらえますので、自分で投資をしたことがない人やトレードで利益を上げたことがない人にとっては極めて安全なやり方なのかもしれません。

ただ、ウェルスナビのサービスに、向いてない人もいるので注意が必要です。
ウェルスナビは基本的に長期の積立投資になりますので、短期的な目線で取引をする人には向いていません。
ドルコスト平均法や、積立投資をやりたいという人にぴったりのサービスです。
投資で勝つためにはとにかくリスクを分散することが肝心になりますので、短期的なトレードで勝てない人は長期目線で時間と投入する資金を分散して取引をすることが一番勝つための近道になります。

WealthNavi(ウェルスナビ)のスタイルとは

ウェルスナビは長期的に資本を積み立てて運用していくスタイルになりますので、相場の地合いが悪い時でも比較的利益になりやすい手法が用いられます。
積立額は毎月1万円からで、口座に10万円以上のお金を預けていれば自動で、アルゴリズムが選んだ銘柄のポジションが建てられるようになります。

ウェルスナビで選定される銘柄は海外ETFと呼ばれる、海外の投資信託がメインになります。
そのため、世界経済の動向に密接に関係しており、世界経済全体がインフレ傾向にある現代において、非常に勝ちやすい状況の中、取引が行われます。
預け入れる資本金さえ自分でしっかりと管理をしておけば、極めて安全に運用ができる金融商品だと言えるでしょう。

WealthNavi(ウェルスナビ)の利用方法

ちなみにウェルスナビは、SBI証券とタイアップして商品を販売していますので、直接ウェルスナビで口座開設をするか、SBI証券の総合口座内で口座開設をするかどちらかを選ぶといいでしょう。
どちらかと言うとウェルスナビのサイトから直接口座開設をした方が最低取引金額が少なくて済みますので、少額から始めたい人は、直接口座開設するといいでしょう。
SBI証券で口座開設した場合は、口座に初回30万円を入金しなければなりません。
ウェルスナビの場合は、初回10万円以上預けていれば取引ができますので、まずは少しの金額から始めたい人はウェルスナビのホームページから口座開設をするようにしましょう。

新着情報

WealthNavi(ウェルスナビ)の特別キャンペーンは?

WealthNavi(ウェルスナビ)は、毎回定期的に特別キャンペーンを実施しています。
期間限定ではありますが、過去に開催されたキャンペーンは抽選で最大5000円プレゼントされるキャンペーンや、キャンペーン期間中にエントリーをすることで最大3000円の現金がプレゼントされるキャンペーンなどがありました。
もらえる金額は少ないですが、こういったキャンペーンが定期的に実施されていますので、これから口座開設をする人は、適用条件をよく確認して申請するといいでしょう。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)の特別キャンペーンは?』

WealthNavi(ウェルスナビ)は確定申告が必要?

今回は自動の資産運用で利益が出た場合の、税務処理について紹介したいと思います
最近話題になっているWealthNavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザーサービスは、金融商品の一種になりますので、年間20万円以上の利益が出た場合は、確定申告が必要になります。
特にウェルスナビの場合は、米国内の租税条約に基づいた税率で源泉徴収されていて、さらに特定口座の源泉徴収ありで口座開設をしている場合は、日本国内でも課税されてしまうため二重課税という形になってしまいます。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)は確定申告が必要?』

WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料体系は?

ここでは、WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を始める人向けて、手数料の紹介をしたいと思います。
ウェルスナビの手数料は元金に対してのパーセンテージになります。
3,000万円までが年率1%の手数料となっていて、3000万円を超えると0.5%まで手数料が安くなります。
さらに半年間運用することに0.01%から0.02%の割引が適用されるようになりますので、だんだんと手数料が安くなっていく仕組みになっています。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料体系は?』

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を始めよう!

WealthNavi(ウェルスナビ)は、初心者でもプロ並みの資産運用が可能な投資運用サービスです。
これまで投資をやったことがない人でも、年利6%程度を目指して安定的な運用が期待できますので、 この機会にウェルスナビの特徴について知っておいてください。
ウェルスナビとは、一体どういうサービスなのかというと、自動売買プログラムを使った本格的な資産運用サービスのことです。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を始めよう!』

WealthNavi(ウェルスナビ)で安全な資産運用!上手な使い方

今回は、投資家の間で注目されている、WealthNavi(ウェルスナビ)の使い方について紹介したいと思います。
ウェルスナビは、金融アルゴリズムというプログラムを使って資産運用を行う、自動投資システムのことを言います。
一つ一つの銘柄を投資するのではなく、1万銘柄を超える世界中の金融資産の中から複数の銘柄に分散投資を行い、リスクを極小化しつつ大きなリターンを狙っていくシステムです。
口座に資産を預けて、取引を開始するだけで銘柄の選定やポートフォリオのリバランス、節税まですべてを自動で最適化するサービスがウェルスナビのサービスになります。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)で安全な資産運用!上手な使い方』