資産運用ナビ についての記事一覧 | WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用NAVI

HOME » 資産運用ナビ

資産運用ナビ

WealthNavi(ウェルスナビ)の特別キャンペーンは?

WealthNavi(ウェルスナビ)は、毎回定期的に特別キャンペーンを実施しています。
期間限定ではありますが、過去に開催されたキャンペーンは抽選で最大5000円プレゼントされるキャンペーンや、キャンペーン期間中にエントリーをすることで最大3000円の現金がプレゼントされるキャンペーンなどがありました。
もらえる金額は少ないですが、こういったキャンペーンが定期的に実施されていますので、これから口座開設をする人は、適用条件をよく確認して申請するといいでしょう。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)の特別キャンペーンは?』

WealthNavi(ウェルスナビ)は確定申告が必要?

今回は自動の資産運用で利益が出た場合の、税務処理について紹介したいと思います
最近話題になっているWealthNavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザーサービスは、金融商品の一種になりますので、年間20万円以上の利益が出た場合は、確定申告が必要になります。
特にウェルスナビの場合は、米国内の租税条約に基づいた税率で源泉徴収されていて、さらに特定口座の源泉徴収ありで口座開設をしている場合は、日本国内でも課税されてしまうため二重課税という形になってしまいます。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)は確定申告が必要?』

WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料体系は?

ここでは、WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を始める人向けて、手数料の紹介をしたいと思います。
ウェルスナビの手数料は元金に対してのパーセンテージになります。
3,000万円までが年率1%の手数料となっていて、3000万円を超えると0.5%まで手数料が安くなります。
さらに半年間運用することに0.01%から0.02%の割引が適用されるようになりますので、だんだんと手数料が安くなっていく仕組みになっています。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料体系は?』

WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を始めよう!

WealthNavi(ウェルスナビ)は、初心者でもプロ並みの資産運用が可能な投資運用サービスです。
これまで投資をやったことがない人でも、年利6%程度を目指して安定的な運用が期待できますので、 この機会にウェルスナビの特徴について知っておいてください。
ウェルスナビとは、一体どういうサービスなのかというと、自動売買プログラムを使った本格的な資産運用サービスのことです。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用を始めよう!』

WealthNavi(ウェルスナビ)で安全な資産運用!上手な使い方

今回は、投資家の間で注目されている、WealthNavi(ウェルスナビ)の使い方について紹介したいと思います。
ウェルスナビは、金融アルゴリズムというプログラムを使って資産運用を行う、自動投資システムのことを言います。
一つ一つの銘柄を投資するのではなく、1万銘柄を超える世界中の金融資産の中から複数の銘柄に分散投資を行い、リスクを極小化しつつ大きなリターンを狙っていくシステムです。
口座に資産を預けて、取引を開始するだけで銘柄の選定やポートフォリオのリバランス、節税まですべてを自動で最適化するサービスがウェルスナビのサービスになります。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)で安全な資産運用!上手な使い方』

WealthNavi(ウェルスナビ)はSBIでできる?

今話題のWealthNavi(ウェルスナビ)は、SBI証券で口座開設ができます。
ウェルスナビのサイトから直接口座開設することもできますがSBI証券で口座開設をしておくと株式証券などの他の金融商品口座との資金移動が楽になります。
ただ、いくつかデメリットもありますので、ここで説明したいと思います。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)はSBIでできる?』

WealthNavi(ウェルスナビ)とtheoどっちがおすすめ?

今回は、自動運用として有名なWealthNavi(ウェルスナビ)とtheo(テオ)のサービス内容について比較してみたいと思います。
どちらも、お金を預けることで自動的にポートフォリオを組んで運用するサービスなのですが、微妙な点で違うようです。
≫ 『WealthNavi(ウェルスナビ)とtheoどっちがおすすめ?』