WealthNavi(ウェルスナビ)とNISAの違いは? | WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用NAVI

HOME » 資産運用ナビ » WealthNavi(ウェルスナビ)とNISAの違いは?

WealthNavi(ウェルスナビ)とNISAの違いは?

ここでは、WealthNavi(ウェルスナビ)とNISAの違いについて紹介したいと思います。
ウェルスナビとは最近話題のロボアドバイザー投資のことで、投資資金を預けるだけで自動的に分散積立投資を行ってくれるサービスのことです。

一方NISAは、少額投資非課税制度といい、NISA口座を開設してそこで得た運用利益に対して税金がかからないと言う特殊な金融商品になります。
NISAには年間投資上限額が120万円までと決まっているため、ウェルスナビのサービスとはマッチしません。
そもそも違うサービスですので、どちらから口座で併用して運用することは不可能です。
ちなみにウェルスナビで得た利益は、NISA口座と違って所得税の申告対象になりますので、注意が必要です。

では、このウェルスナビとは、一体どんなサービスなのでしょうか?
ロボアドバイザー投資と呼ばれる特殊な運用方法なのですが、そのロボというのは金融アルゴリズムのことで、いわゆるプログラムを用いた自動売買のことを意味しています。
金融アルゴリズムはノーベル賞受賞者のロジックを取り入れており、ポートフォリオを定期的にリバランスしながらリスクを最小限に抑え、リターンを最大化していくことを目的に運用が行われます。

さてそんなプロも驚きの自動資産運用サービスなのですが、一体どの程度のリターンが見込めるのでしょうか?
相場の試合によって得られる利益はケースバイケースですが大体平均して3〜6%前後のリターンを獲得しているケースが多いようです。
3%から6%というのは、今の銀行金利と比べてみると、はるかに高い金利になります。
100万円預けると年間で3万円から6万円の利益で、1000万円だと30万円から60万円の利益を得られることになります。

もちろん相場には停滞期というものがありますので、思ったようにリターンが得られない時期もあるかもしれませんが、長期的に時間を分散して積み立てていくことで、通常の短期トレードよりもかなり安全に運用してもらうことができます。
投資信託でいうと、ローリスクミドルリターンの配当が得られる商品を思い浮かべるといいかもしれません。

自分で運用するのは不安な人や、投資についての知識が全くない人は、まずはウェルスナビのような自動で資産運用を行ってくれるサービスを利用した方が安全かもしれません。
投資家はウイルスナビに資金を預けるだけで、自動ですべての管理を行ってもらえます。
これまでにない金融商品ですので、この機会に十分に調べてから口座開設を検討してみると良いでしょう。